東京都中体連陸上競技専門部のページへようこそ


開設日    2001年11月26日

更新日    2018年 8月 9日

(2006.12.21〜)



関東大会結果速報

 関東中学校陸上競技大会は千葉県総合スポーツセンターにおいて開催されました。台風13号の接近に伴い、土曜日1日での変則実施となり、トラック競技はタイムレース決勝、距離を競うフィールド競技は3回の試技で決しました。台風が近づいてくる中で時折強い風が吹き、ほぼ雨の中というコンディションでしたが素晴らしい記録も生まれました。
 総合成績は男子6位、女子準優勝、総合6位でした。個人としては優勝3人を含む36の入賞があり、中でも1年女子走幅跳では11年ぶりに東京都最高記録を更新し、あわせて大会新記録となっています。

 結果はこちらをご覧ください。


すでにJO参加標準記録を突破した選手の皆さんへ

 すでにジュニアオリンピック陸上競技大会の参加標準記録を突破している選手は、次の点についてご注意をお願いします。
1 ジュニアオリンピックの参加申込書は郵送による受付は致しません。ジュニアオリンピック標準記録突破会にて受付致しますので、8月25日(土)上柚木、9月1日(土)夢の島のいずれかの会場にて、申込受付担当に参加費3500円を添えて申込をしてください。
2 申込をする際に、中体連のジュニアオリンピック担当と大会までの日程について確認をお願いします。
3 この二日間で申込みをしない場合は、ジュニアオリンピックについて出場の意志がないものとみなし、次点となる選手に出場の打診をします。
以上よろしくお願いします。   (公財)東京陸上競技協会普及強化委員会  下山良成


通信大会結果速報

 とにかく暑い大会でした。まさに熱波で、その上風のない大変なコンディションでした。その中で選手は頑張り、総体終了の時点で29名だった全中突破者は男子22名、女子25名、計47名まで増えました。
 最終種目の共通リレーで武蔵野東の出した48秒台の都中新は全国でも上位を狙える素晴らしい記録です。
 今回決まった東京都選手団で関東大会総合優勝を期待しています。
 結果はこちらをご覧ください。


中体連主催大会の参加における引率について

 地域別大会がはじまっていますが、中体連主催大会には生徒だけでの大会参加はできません。部活動の顧問または登録をした部活動指導員が引率をすることが前提となりますが、やむを得ない場合に限り学校長が任命した者が引率をすることができます。
 詳しいことは平成30年度東京都中学校体育大会実施要項の「7参加資格(3)Aイb」および「8監督・引率規定」をご覧ください。特に外部指導者または保護者が引率をする場合は「東京都中学校体育大会監督・引率細則」をご覧になり、必要な手続きを取ってください。
 必要な手続きについては東京都中学校体育連盟HPの「申請書類・提出書類」中の外部指導者申請の流れおよび監督依頼報告書をご覧ください。


各競技会タイムテーブル案

 第1回専門委員会において確認されたことの中で、各競技会のタイムテーブル案があります。もちろん参加者数は過去のデータから推定した数です。実際の申込数によって組数が変動し、それに伴って時間は変動します。しかし種目の競技順は変えないつもりですので、おおよその時間はわかると思います。各競技会への参加にあたり参考にしてください。
地域別1・2日目  地域別3・4日目  総体大会  通信大会  支部対抗大会




【四種競技】得点表

得点表を掲載しました。記録を入力することにより得点計算ができます。こちらをクリックして下さい。
(ただしExcelをインストールしているパソコンに限ります)
計算式はこちらをご覧下さい。
(こちらはPDFファイルです)


東京都中体連陸上競技専門部への質問、ご意見、ご要望、写真の掲載の取り消し、ホームページをご覧になってのご感想などは、こちらまで。

info@tokyoctr.com


掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。